nogami@nogami-seikotu.com  |  0930-26-8151
Follow us :-

整体院と接骨院の違い

整体院と接骨院の違いについて歪みの矯正をしてもらいたい時、整骨院と整体院のどちらにいけばよいか迷うことがあるのではないでしょうか。

まず、大きな違いをみてみると、

整骨ー骨を整える方法
整体ー身体を整える方法

という違いがあります。

整体とは

整体は背骨をボキボキするイメージが強いと思いますが、筋肉のバランスだけでなく心のバランスも調整する方法であり、それを整体と呼びます。

整骨とは

整骨は、元々、ほねつぎと呼ばれていて、骨折、脱臼などを手技で矯正するものです。

この、手術なしに骨をあるべき元の位置に戻す技術を有しているのが柔道整復師と呼ばれる人達で、整骨院、接骨院と名前を使い分けるケースが多いです。

簡単に分けると、

整骨院ーほねつぎよりも整体寄りの方が多い
接骨院ーほねつぎを継承していることが多い

となります。

治療の技術力が高いのは整骨院なのか整体院なのか

治療の技術力が高いのは整骨院なのか整体院なのか病気やケガを治療する技術についてはどちらが優れているというのはありません。

保険が効くので危険性が低いという部分が、国家資格を有する柔道整復師が在籍する整骨院と言えます。

しかし、資格があるから治療技術が高いとは限りません。

経験と知識に裏打ちされた力が治療技術として現れるのです。

治療時間

整骨院は保険適用なので、病院と同様、多くの患者を診なければいけません。

これは保険適用なので、数百円から1000円台程度しか1人の患者から日々得ることができないからです。

この点、整体院は自費診療なので、1人1回で数千円から数万円を請求できます。

保険診療分が降りるのは、数か月後なので、例えば、今日受診した患者の保険分が、3か月後に振込されるといった時差があるのです。

整骨院や整体院の資格

整骨院には、柔道整復師という国家資格を所得した先生がいます。

ただ、整骨院の院長や経営者が柔道整復師で、実際に施術するスタッフは全員バイトで、資格をもっていないということもよくあります。

整体院はというと、国家資格がありません。

専門学校は多くありますが、専門学校を必ず卒業しないといけないという決まりはありません。

保険が効くのは整骨院なのか整体院なのか

先にも述べましたが、健康保険や医療保険は、整骨院が対応します。

なので、保険証を提示するのは整骨院となり、整体院では保険証は不要となります。

医療費控除に必要な領収書の発行も、整骨院で、整体院では、国家資格を所得した先生がいない限り、整体院は医療費控除の対象外になります。