nogami@nogami-seikotu.com  |  0930-26-8151
Follow us :-

整骨院と整形外科の違い

つらい症状はガマンせずに整骨院と整形外科の違いをみてみましょう。

整形外科は医師による診察が可能で、レントゲンやMRIを使ったり、薬を処方、手術など、様々な医療行為を行えます。

整形外科で内科的な治療をする医院もあり、整形外科的なこと以外も対応可能です。

対して、接骨院は診断も医療行為もできません。

接骨院は診断ではなく「判断」になり、医療でなく「医療類似行為」なのです。

どんな時にどちらにいけばよいのか

整骨院と整形外科の選択ですが、骨折や脱臼などの比較的重く、医療行為が必要な場合、医療行為整形外科や病院を受診するのが一般的です。

接骨院は、捻挫や打撲程度の重すぎないケガの場合に選ばれることが多いです。

しかしケガ程度重い/軽いは一般人では判断が正確につかないケースが多いので、接骨院の先生が手に負えないと、整形外科の方がよいと判断した場合は転院させられるケースもあります。

まとめ

どんな時にどちらにいけばよいのかケガの患部が大きく腫れていたり、痛みの度合が強い時はは整形外科を受診しましょう。

かかりつけの接骨院があれば、一度整骨院の先生にも判断を仰ぎましょう。

軽い捻挫や打撲などは接骨院へ行きましょう。

接骨院の先生にケガの状況、また整骨院で施術できる範囲かを判断してもらいましょう。

とりあえず、不安な場合は整形外科を受診すると間違いないです。

ただし、骨折や脱臼等の重い症状でない場合、整形外科でシップや・薬の処方、注射やリハビリを受けて効果がないと思ったのであれば、整骨院に一旦切り替えて整骨院の先生に判断してもらうとよいです。